わかりあえないから始めてみよう。

人生を楽しくするためのコミュニケーションについて、みんなで語り合いましょう!

【コミュニケーションを語る上での大きな問題点】

コミュニケーションについて誰かと話をする上で、気になる問題があります。

それは、話が噛み合わない時があること。

 

理由はいたってシンプルで、お互いが思い描くコミュニケーションに差があるからです。

かなり広義な意味が含まれているのに、同じ言葉を当たり前のように使うことに慣れてしまっている。

 

わたしはコミュニケーションを3段階に分けて話をするようにしていますが、これら3つは全く違う性質を持っていると考えています。

にも関わらず、世間一般では同じ言葉を使い同じ意味であるかのように話すことでいらない誤解を招き、これがトラブルの元になっている。

 

 

以下が、わたしの分ける3段階のコミュニケーションです。

 

1.上位コミュニケーション
2.下位コミュニケーション
3.ベースメント

それではひとつづつ説明します。

まず第1の上位コミュニケーションとは、スキルを武器として使うコミュニケーションです。
幅広い知識と経験、高い能力を必要とする強い力で、戦略的対人コミュニケーションと言い換えることができますね。

自分、もしくは自分たちのポジショニングをどれだけ優位に取れるかを考えて行動します。

環境の情報をできるだけ多く集め、影響のルートを探ります。

 

例えていうなら、大海原で遠くに見える島まで遠泳をするような感覚ですね。

参加者はどれくらいの人数で、平均値はどの程度で、どのようなタイプの人間が参加しているのか。

島までの距離は、波の状態は、自分のコンディションはどうか。

そう言ったことを総合して自己ベストを目指します。

 

 

そして第2の下位コミュニケーション。

 

ちなみに下位というのは、上位よりも劣った能力という意味ではありません。

単に環境のスケールが上位よりも小さいことを指します。

 

上位コミュニケーションが得意だからと言って、下位のコミュニケーションスキルも持っているというわけでもありません。

繰り返しになりますが、これらは全部別物として考えてください。

 

こちらのコミュニケーションスキルは、環境を自分の力で改善することが出来る能力です。
特に、対人コミュニケーションにおいて問題のあるチーム内で能力が発揮できるかどうかがポイントです。

どこに問題の原因があるのか、どのような改善策が提示できるのか。

そして大事なのが、第3のベースメントを理解しているかどうかです。

ベースメントの重要性を理解し、自分の方法で相手に伝えることができるか。

ここが大きな違いですね。

 

下位コミュニケーションの環境は大海原ではなく50メートルプールです。

ここで、チームのメンバーと共にリレーの大会に出るような感覚ですね。

誰がどの順番で泳ぐのか、誰を補欠にするのか。

能力を上げたいけれど、怪我をさせないように気を付けなければならない。

 

この場合、上位と違って自分のポジショニングを考える必要はありません。

それよりも、チームの状態がベストになるように全体を調整するスキルが必要です。

 

 

 そして、3のベースメント。
こちらがまさに、昨今日本の世間一般企業一般で問われているコミュニケーションという言葉に相当する部分だと考えています。
意思疎通をスムーズに行えること。
意図を察する力、空気を読むといった言葉で表現される力ですね。

 

こちらは、実は能力でも何でもありません。

できるできないは環境要因であって、性格ではありません。

できない場合は環境を作り、意識の改革をし、繰り返しに練習することで誰でもできるようになります。

20歳を過ぎればベースメントはただの社会的マナーです。

礼儀の問題です。

 

プールに入るときは水着を着て帽子をかぶりましょう。

 

そういうことですね。

 

 

このベースメントに問題を抱えている人が意外に多い。

 

それは時代による生活環境の変化が原因ではないかと考えられます。

昔に比べてコミュニケーションの経験値を上げる場面が極端に減っている、コミュニケーションの手段が変化し、ひとつひとつのアクションに情報量が極端に少なくなっているのではないか。

例えば、母親以外の人間とほとんどコミュニケーションを取った経験のない子供たちが社会に出る年齢になってきている。

会って話す、電話をかけるという行為よりも、ラインのスタンプ1個でやり取りをする回数の方が多くなり、情報伝達の方法にわたしたちがまだ追いついていない、ということなどがパッと思いつくところです。

 

 

このベースメントに対処したいのに、戦略的コミュニケーションを勉強しても意味がありません。

 

環境を自ら改善しなければならないのに、全てをベースメントが苦手な人間のせいにしたところで何も始まりません。

 

 

これらは3つは全く違うアプローチなのです。

 

 

そして、ベースメントの問題を解決するのはそんなに難しいことではありません。

気が付き、経験を増やして、体を慣らしてしまえばいいだけなのです。

自分で勝手にハードルを上げないでください。

 

ちょっとした意識の改革で、もう少し楽に生きていける人がたくさん、たくさんいるのではないでしょうか。

 

どうか深く悩まないでください。