善き物語は本当に人生を救うと思う

どうも、エミです。

 

人間にとって物語の持つ力は絶対に有効だよね、と思います。

 

特定宗教への信仰然り。

自己啓発本だって、その中に必ずだれかの素敵な物語がある。

小説を読む時間なんて無駄だと言う人もいるけれど、

そう言う人に限って巧妙に隠された誰かの物語に心酔していたりする。

 

 

ここで問題になるのは、それが善き物語なのか悪しき物語なのかということに尽きる。

 

善き物語のみが、人生を救うことができる。

 

 

そして、それが善きものであるか悪しきものであるかどうやって判断するのか。

 

 

 

それが簡単なようでいて、とても難しい。

 

だからこそ、世の中が常に混乱している。

 

 

わたしは、人間にとっての完全な善や悪は存在しないと思っている。

 

 

 

だからできる限りたくさんの物語と出会うことで、

そこに内包されているものが何のかを自分の頭で一生懸命考えて、

それをサンプルとして社会と照らし合わせて、

 

 

善というものがいったい何のかを考える。

 

 

 

そして、善き物語をたくさんたくさん集めたいと思うのです。