読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

村上春樹について思うこと

 f:id:emi_sugarbaby:20170314234244j:image

どうも、さとうえみです。

 

読みましたー、「騎士団長殺し」。

巷ではまた色々評されているようですが、取り敢えずよく読んでる作家の作品は前情報無しでいきたいので、情報は入れないようにしています。

しかしいつも思うのだけど、村上春樹の作品とその売れ方ってリンクしてないよねえ。

とても興味深い小説だけれども、エンタメ臭はないじゃない?

読書の捉え方によっては全く面白さを感じられないと思うのだけど、買った人ってみんなちゃんと読んでるのかね。

わたしは村上春樹の文章のみっちり度、というか句読点の位置とか量とかが好みだし、読んでいて心地よい適度なドライブ感がある。

押されないけど止まりはしない速度。

そして、物語という方法を取る必然性にも共感する。

物語は説明するものではない。だって、説明できるなら説明した方が手っ取り早くて良いに決まってるじゃん。

絵画もそう。

そんなまどろっこしい方法を取るというのはそこに必然性があるからで、説明しようとすると省かれる、もしくは抜け落ちるものごとを含めたいからですよね。

何かがある。でもそれが何かはわからない。

そういうことです。